Tagged

貴娘酒造

A collection of 1 post

1 posts

4. 私の酒造りヒストリー、無添加山廃との出会い|不老泉 上原酒造杜氏・横坂安男さんインタビュー
インタビュー

4. 私の酒造りヒストリー、無添加山廃との出会い|不老泉 上原酒造杜氏・横坂安男さんインタビュー

酒造りとの出会い 横坂さんは1960年、群馬県吾妻郡中之条町で生まれました。中之条町は新潟県と長野県に接する県境の町、関東平野から標高1000メートル級の山々に迫る位置にあります。 中之条で少年時代を過ごした横坂さんはその後上京し、東京農業大学の醸造学科で学びます。最初から酒造りを目指していたわけではありませんでしたが、酒造りの実習がきっかけで酒造りの世界に魅せられ、酒造業界に進みます。 横坂: 農大の学生だった時に食品特別実習というのがありました。2週間の実習です。講義じゃなくて実際に現場で。優・良・可・不可の評価は現場の人にいただくんですよ。 それで、酒造りの現場を知って、職人さんたちと寝食をともにして、魅了されました。それで「自分の親父が毎晩飲んでいる酒ってどんな人が造っているんだろう」と思うようになったんです。 地元の中之条町のあそこに貴娘酒造というのがあるなと。そこが私が最初に勤めた酒屋です。 ―― そこから横坂さんの酒造り人生は始まったんですね 横坂: そうです! 貴娘酒造で触れた「二刀流の生き方」 横坂さんが最初に入った貴娘酒造の五十嵐武明杜氏は専業米農家でした。夏の間は農業に携わり冬の間だけ酒造りをする杜氏さん・蔵人さんが多い時代でした。 横坂: 素材を知らずして酒は造れないんです。その点で専業米農家の方にはかなわない、と。「こういう人が米も酒も造るんだ」と納得しました。 酒にしびれて、人にしびれて、もうしびれっぱなし。俺の行き場所はここだ!と思いました。 本業と二刀流、半農半酒。「たまんない!」と。